2007年07月31日

表紙!

20070731hyousi.jpg

あぶねぇ、メロンブックスの暑中見舞いはあぶねえぜ!
ありがとうメロンブックスさん、真夏の暑さが一瞬だけ
冷や汗に変わったよww

ところで、もしかしたら

同じく3日目 西ち-14a すたばん

でも少量委託させて頂くことに…
いや、確定情報じゃないんですが
い…、いいよね?タンバーさん?

今年の夏は「くらげのかんづめ」と「すたばん」でボクと握手!
posted by ひろき at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お絵かき

2007年07月26日

げすつ!

20070726_yo-ko.jpg

アーマード銀閣寺のめいびいさんにカラーのゲスト描きました。
うあー、原稿やばい…。
えーと、コミケは3日目のくらげのかんづめさんに
委託させていただくことと相成りました。
6月の下旬頃によしの先生に身売りしてきました。

日曜日 東ヌ-48a
くらげのかんづめ

です。
是非、よしの先生の本かってあげてくださいね。
そして、こけしム軒のこけしさんと
アーマード銀閣寺のめいびいさんもよろしく。
4組同卓です…。カオス。
posted by ひろき at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お絵かき

2007年07月16日

ポアロマンスリーライブ感想

7/15ポアロマンスリーライブ行ってきました。
懸念した台風もどっかいって、
開演時間には雨も降ってない状態。
まぁ、当日雨降るしチケット余裕っしょ?
とか思ったら案外余裕もなく通路席に…。
え?これ席?通路だよね?とか思いつつも、
逆に、一番前の席でポアロのお二人を
足下から見上げる感じにw
めちゃくちゃ近い席で表情とかもはっきり見えたので
他のお客さんとは違うツボで笑ったりしてました。

んで、フリートークを一時間ちょいくらい。
伊福部さんのタクシーの運転手のマナーの話
鷲崎さんの寿司屋の板前さんのマナーの話
加齢臭がどっから出るのか?って話
など、途切れることなくフリートーク。
鷲崎さん「男の加齢臭は耳裏からってよくいうでしょ?
女の加齢臭は子宮からなんだって。」
伊福部さん「じゃあ、ある日突然…、昨日までは普通の時間に起きて、普通にご飯食べて普通のセックスをして過ごしてたのに、次の日いきなりまん臭が…!満州事変!ある日突然クーデターが起きるわけだ!アジアを巻き込んだ大きな戦争に…」
鷲崎さん「まん臭(まんじゅう)こわい!そうだ!あいつは気にくわないからまん臭責めにしてやろう」
この辺のくだりは腹がよじれるかと思いましたw

そして、鷲崎さんの恥ずかしい青春ソングを披露。
知らない曲だったのですが
やっぱ鷲崎さんは歌もギターも上手いね。
普通に聞き入ってしまいました。
超ラジでやってるコーナーを生で見させてもらった感じ。
ブルーハーツの曲他1曲やって食材三品目法案の舞台準備。

開場時のアンケートで食材三品目法案に記入した意見を
スタッフさんが集計し1位から10位までの食材を決め、
それを伊福部さん鷲崎さんのふたりが、「いいとも月曜日」の
ブラックジャックの得点形式で「100人に聞きました」の
テイストで1位から10位をあてていくというもの。
負けた方には、二人があてられなかったパネルを一枚引いて
その食材をこの一週間食べられないという罰ゲーム付き。
どうやらポアロとそのスタッフまわりで、マジで1週間
三品目法案を仮施行するらしく、負けると意外と辛いw
1位 卵 2位 豚肉 3位 鶏肉 4位 キャベツ
5位 タマネギ 6位 牛肉 7位 大豆 8位 じゃがいも
9位 マグロ 10位 シャケ
と意外と順当な感じに。けど卵の1位は予想外。
伊福部さんが9位4位と着実にポイントをあげていき
結局罰ゲームは鷲崎さんに。
残った8位と10位のパネルから8位を選択。
ジャガイモが一週間食べられない事に。
んで、その後食材フィーリングカップルなるものを行う。
相手に求める食材と、自分の食材が一致した人同士を
壇上に上げてお話ししてみようという企画。

予想だにせず、舞台に呼ばれる事に…。
え?俺?みたいな。マジで突発の企画なんだね。
そして女性の方は、ポアロスタッフの方。
自分の方が求める食材がスタッフの方の食材に
全てかぶっていて、自分の持っている食材が
スタッフの方の食材に2つくらいかぶっていたのかな?
ってな感じで、壇上に上げられて急遽ツーショットタイムに。
ツーショットタイム!?ちょ…聞いてない…けど…
俺が舞台に上がってるくらいですもんね…、
そういうこともあるさ…と腹をくくる。
自分と受付スタッフの女性の方と暫しご談笑タイム…。
マジで放置され、舞台に二人…w
しゃべるしか無いと思って適当な事をしゃべってみるも、
緊張して何しゃべって良いか…。
無言連発ですいませんでした。
つつがなく終わって、滑った感じ
正直、俺より次の人の方が絶対おもしろかったと思います。
自分の次に壇上に上げられた男性の方は
キャラが出来上がってたしww
食材三品目法案はやっぱ面白い。
ただ、明確な答えがないのが難点だったけど
このライブでこういう感じで盛り上がるんだなって
答えが出ましたww

ってなかんじで気づくと終了時間があと10分
最後に一曲鷲崎さんの歌で締め。
いやー、2000円でかなり楽しめたライブでした。

その後の飲み会は凄惨でしたね…。
俺らが力尽きて、よしののちんげは未だ健在。
posted by ひろき at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月05日

食材三品目法 審議!

ポアロのあと何分あるので大盛りあがりしていた食品三品目法案。これ案外マジで考えるとかなり難しい。米やパンなどの食材は確実に手に入る事で選択の幅が広がるとともに、物々交換の要素があるため、交換用のキラー食材を選択するか否かでその人の性格までもが明るみに出てしまうかも知れない?という画期的な法案。いや、まぁあくまで机上の空論ですけど、暇な人はやってみると良いかもしれない。楽しいですよ。

ルールは以下の通り。

1.食材を一人三品まで決定する。
そしての食材を使って生きていく事とする。
例えば豚肉という選択なら、豚肉のどの部分でも使って良い。
しかし、肉という広範囲な選択はNG。
豚の肩ロースという食材の選択はOKだが
この法案の場合、賢い選択とは言えない。
食材を加工して別の食品を作るのはOK。
例えば大豆などは、豆腐、湯葉などの発展がある。

また、加工済み食品を選んでも良い。
ただし、分解して別の食品として使う事は出来ない事とする。
例えば、すきやきを選んだ場合、豆腐、白菜、牛肉などの
食材を含むが、それを別々に加工する事はダメ。
すきやきと言う食品として摂取しなければならない。

この案は実施の際無くなりました。

2.炭水化物(米、麺、小麦粉等の主食)調味料
飲料水等の飲み物は食材に含まれない。
ただし、100%果汁ジュースや牛乳、
ホールトマトの缶詰など、その食材単品でしか
摂れない食品は調味料、飲み物ではなく食材とする。
例えばカレーを食べたい場合は、カレーという食品を
選択するのではなく、カレー粉という調味料を得て
カレー味の食品を作るのが賢いやり方だと思われる。
なぜなら、カレーという食品を三品に選んだ場合
カレーとして食べなければならないから。
毎日カレーは飽きる。と思う…。

追記
果汁は1%以上入っている物は不可となりました。
また調味料としての肉類のエキス等は食材と見なされない。

3.他人との食材の物々交換は可能。
ただし、金銭での交換は一切行えない事とする。
物々交換は可能なので物々交換用のキラー食材の
選択が有効となってくる。
例えば果物、魚類などがその食材に
挙げられるのではないだろうか。

4.食材は毎日自宅に届けられることとする。
自宅に届けられるという事は、家族、近所、友達づきあいの
多い方が有利な食生活を送れる事となる。

5.足りない栄養価は国からのサプリメントで補う事とする。
栄養失調、ビタミン不足等の栄養価の問題を
この項目を追加する事で解消する。

さて、あなたなら何を選ぶ?
ちなみに俺は
牛肉・キャベツ・卵
ただしトレードを考えるなら
牛肉をキラー食材としてマグロあたりに
変更するかも知れない。

牛肉
理由は舌の先からしっぽの先まで食材に出来るという選択範囲の豊富さ。そして何より他の選択食材との相性の良さ。生で食べれば寿司のような食べ方も可能だし、焼いても煮てもイける食材だと思う。ただ、豚肉と鶏肉と牛肉との三つどもえは本当に悩む。

キャベツ
生でもOK、炒めてもOK、浅漬けからロールキャベツまで意外と選択肢の広い食材だと思う。もやしやタマネギ、トマト、といった選択肢もあったがあえてここは好きなキャベツを選んだ。


これは正直欠かせない食材であると思う。一生の事と考えると、肉を味付けて食べるという直球勝負に味気なさを覚えると思う。そこでの変化球として、この卵を選択した。卵単品でも色々な調理方法があるし、そして他の食材の味の変化も見込める。直球も早いし変化球もバリバリ曲がる押さえの投手みたいな存在。

そしてキラー食材として選んだマグロだが、この三品法案では嗜好品、魚類や果物を選択肢に入れるという考えが無いのではないだろうか?嗜好品や魚類、果物をいれてトレードを考えない場合ほぼ二品だけでのバリエーションで一生暮らしていかなければならない事になる。(調理の幅が狭い事が原因かも知れないが)と考えるとやはりキラー食材は賭けの要素がでてくることになる。そこであえてマグロにしたのは、トレード希望者は牛肉などよりは多く、そして賭けのリスクを軽減し選択部位の多い食材として選択した。さらに、多くの人が肉類を選ぶであろう中、何より魚類というのが魅力だろうとおもう。

いやー、難しい…三品じゃ絶対飽きるってのはまるわかりなんだが、この選択肢の中で何とかやりくりしなきゃなんないっていう制限がまた、本気で選ぶ要因にもなるね。
posted by ひろき at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記